スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第60回安田記念回顧~攘夷は時代遅れ? 

2010年ニッポン。
JRAは天皇賞(春)で異人のウィリアムズ騎手に天皇盾という褒美を取らせたがじゃ。
しかも勝ったジャガーメイルの「メイル」は西洋の異人が戦で身にまとう鎧のことじゃったがじゃ。
騎手のフリートレード(自由貿易)による開国が進んじょるところを見せたかったんじゃろうのう。

ダービーじゃあ、エイシンフラッシュが優勝して維新(イシン)まで進んでしもうたがじゃ。

その翌週は香港馬のせん馬3頭が来航。
異人を追い払うべき安田記念で、昭和まで行ってしもうたがじゃ。
時間はどんどん、どんどん進んでしもうて、攘夷派の出る幕は無かったがじゃ。

安田記念は確たる本命馬不在で、馬連の人気も割れちょる。
明治維新の次は、昭和かのうと、発走する前に輪乗りしよる時に思うたがじゃ。

まさかショウワモダンがあそこまで連続して走るとはのう。

前走は馬体を20kgも減らしちょったが、59キロを背負うて連勝したがじゃ。
厩務員の人が言いよったがじゃ。
あの時は馬房の前を馬が通るたんびに暴れるかなにかして、もう走れん状態のはずじゃったが、勝ってしもうたと。

サイレンススズカが逝った天皇賞(秋)
元々馬房の中を旋回するクセがあったけんど、狭い出張馬房の中で汗びっしょりになって旋回しとったそうじゃ。

ショウワモダンは、それ以上は馬体を減らさんと前走と同じ体重じゃった。
以前は重馬場の時に限って走るような印象じゃったが、良馬場の速い時計で3連勝。
そろそろガス欠かもしれんとも思うたが、まっこと馬が変わるいうことがあるもんじゃのう。

異人に賞金獲らせても日本の景気はようならんけえのう。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬サイン - ジャンル : ギャンブル

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jrasign.blog34.fc2.com/tb.php/1086-15f8ba70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。